top of page
  • 執筆者の写真有希子 西原

経年変化

先日、23年前に建てられたの建物を少しだけ改装する工事をしました。


築23年という事でしたが、屋根裏、床下共に綺麗。

大事に使われていた住宅だということがとても伝わりました。

外壁は漆喰で軽量モルタルの上に漆喰を塗られており、雰囲気としては良いのですが、そろそろ経年変化による、漆喰の浮き、角の剥がれが見られました。


漆喰なので、30年ほどが限界が来る様です。


劣化部分を剥がして、漆喰を再塗装するか?

撥水性の塗装をして漆喰をラッピングする様な形にするか?


様々な見積もりをとって検討した結果、塗装をする事になりました。


先に高圧洗浄機で洗浄していくと、浮や剥がれが他にも見つかる。


塗装屋さんに少し補修して頂きながら、下地を整えてもらい、撥水性のある塗料を塗りました。


屋根材はイタリア瓦でしたが、同じ商品が作られてない様でしたが、非常に丈夫で50年はもつものであったので、特に高圧洗浄などをせず、そのまま保管。


窓は、木製窓アンダーセンを採用していました。

外部は23年経っているとは思えないほど、塗装が綺麗でした。硬質ポリ塩化ビニール塗装って凄いです。聞いた事無い塗料だから、企業秘密なのでしょうか?


小さな工事でしたが、とても勉強になりました。


閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示

苦手な事

発展と文化

今日はLIXILさんによるlotホームLINKについての講義を受けました。 lixilさんの製品は自社のものだけではなく、他社の製品を繋がる様に配慮されている様で、実際に使ってみてはいないものの、お客様へご紹介出来そうな内容でとても興味深かったです。 一方で、その直前に人が地域に留まり続けることによりつくられる独自の文化についてLINEで話しをしていた。 留まり続ける事により、メディアや都会の立ち

Comments


bottom of page