検索
  • 有希子 西原

設計に入る(自宅)

土地を買った段階で、ぼんやりイメージはありました。

実は初期は平屋。

無理やりいろんな機能を押し込んでみていました。


あかん。


自分の思いと家族の思いとのバランスがとれん。


二階建てにするとしっかり入りました。


やっぱり、家族が幸せに暮らせることが一番やなあ。


と当たり前のことを思いながら、基本設計を進めました。

33回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

設計に入る前に

土地購入時には工務店勤めであった為、設計部のマネージャーさんへ相談すると、「時間を多くかけては。。。。」 との回答。 初めはここで建てれるのかと思っていましたが、色々と難しいようでした。 特に急いでは無かったので、退職してから設計をすることにしました。 退職し、事務所を立ち上げ設計に入ろうとスケッチしていると。。 あらまあ、妊娠発覚。 子供は長女がいるので、運を天に任せていました。 初めは頭の中が

土地探し

設計をするからには個性を持った土地を選びたくなります。 個性を持っていない土地が駄目だというわけではなく、正直な所設計しやすいんですよね。 なので、がっつり斜面のある、南側に何も建たない土地を探しました。

どんな家を建てるか?

茨城県へ住んで数年経っていました。 茨城県へ来て思ったことは、とても空が高いこと。 当時勤めていた工務店の設計部の皆さんからは、 「それってん何もないってことじゃん」 と言われましたが、それってとても魅力的なことだと思いました。 視界に入るほとんどが空で、太陽が光っていても青空の迫力がすごい。 雨が降っている範囲がだんだんと近づいてくる。 稲妻がバシっと空を走るのが見える。 これを表現したい。 そ