top of page
  • 執筆者の写真有希子 西原

既製品と手作り

設計事務所で所員として働いていた時、家具や浴室は主に職人さん達が作った物がほとんどでした。

工務店で勤めていた時は、ほぼ既製品。

たまに職人さんが作った家具という様な感じ。

どちらももちろんメリットがあります。


職人さん達が作った物は隅々まで風合いや質感が良く、重厚感があるもの。時とともに素敵に変化して行きます。お値段高め。


既製品は工場で作ってある為、壊れず正確に作られ、耐久性、操作性が優れています。

こちらの耐久性は風合いが出ないものがほとんど。お値段はリーズナブル。


我が家の下足箱は、実は扉だけ職人さんに作って貰った既製品です。


だって、棚板重いんだもん。。


設計事務所ですが、実は既製品楽ちん生活を選んでます。


閲覧数:69回2件のコメント

最新記事

すべて表示

経年変化

苦手な事

発展と文化

今日はLIXILさんによるlotホームLINKについての講義を受けました。 lixilさんの製品は自社のものだけではなく、他社の製品を繋がる様に配慮されている様で、実際に使ってみてはいないものの、お客様へご紹介出来そうな内容でとても興味深かったです。 一方で、その直前に人が地域に留まり続けることによりつくられる独自の文化についてLINEで話しをしていた。 留まり続ける事により、メディアや都会の立ち

2 Comments


有希子 西原
有希子 西原
Mar 03, 2019

一応女性なので、棚板が重いと動かす気になれなくて。 見えないところは既製品の便利さに負けちゃいます。 質感はもちろん無垢板の方が良いんですけどね。 構造は耐震等級だけでは無く、金物なんかもその時できる良いものをとは思います。 阪神の震災の後、数年おきに大きな地震があるので、そこはちゃんとかしていたいと思っています。

Like

umessi10
Mar 03, 2019

既成品か手作りかどちらが良いかというと、やはり手作りの方が良いとなってしまいますね。しかし値段もそれなりになってしまう。私の家の靴箱は、シナランバで作りました。柔らかな表情でなかなか良いですよ。お風呂はハーフユニットで、下半分が左官でタイル張りです。全体の予算からどこにどれくらい掛けるかですね。しかし、構造などの性能面はしっかりお金を掛けなくてはいけませんね。

Like
bottom of page