top of page
  • 執筆者の写真有希子 西原

「新しい郊外」の家

図書館で本を借りに行った時、ふと興味を持って読んでみました。

なにしろ、我が家も「新しい郊外の家」。

どんなことが書いてあるのか興味がありました。


著者は馬場正尊さんと言って、東京R不動産を立ち上げ、設計事務所を

主宰されている方です。


この方は房総で家を建てられた方のようで、その経緯を描いてらっしゃいます。


頑張れば東京まで通えるこんな地域に住む楽しさ、家の根本を考えさせてくれる本でした。


我が家の楽しみ方は「畑」かな。まだとりかかっとらんけど。

できるだけ、めんどくさがりな私でもできる方法は、ある程度計画で来ているんだけど。


レンタルの耕運機を借りようと思っているお店までは調べてるし。


そろそろやろう!

閲覧数:39回2件のコメント

2 Comments


有希子 西原
有希子 西原
Dec 18, 2018

やっぱり楽しいんですね。実家にいる頃はあまり興味がなく、とりあえずきれいに見えていればと思っていたんですが、いざやってみようとNHKのやさいの時間を見ていると、色々育ててみようと計画はしているのですが、まだ植栽が完了してないので二の足を踏んでいます。

娘も興味を持っているので、春には植えれるように土づくりします。

その時はまたいろいろ教えてください。

Like

ytk.12029
Dec 17, 2018

土いじりは良いですよ。落ち着くというか。生徒8人と職員4人で350㎡程の畑に、じゃがいも、白菜、キャベツ、人参、ブロッコリー、玉ねぎ、ピーマン、ミニトマト、きゅうり、長ねぎ、カブを作りました。毎日のように見に行って少しでも育っていると嬉しいものです。バザーで販売したり自分たちで調理したり給食で使って頂いたりと楽しいです。まずは取り掛かってみますか。

Like
bottom of page