検索
  • 有希子 西原

工事の依頼先の選び方

質問シリーズです。


工事を依頼する際の依頼先の選び方です。

それぞれ得意であるところ、不得意であるところ、があります。


①地元の工務店

 お値段的には一番リーズナブルです。使用する材料を上げるとそれなりにお値段はあが

 ります。

 ただ、地元の工務店で設計専門にされている社員を抱えているかによりますが

 複雑な計画(地下空間があるや、かっこいい建物がいい)というところは、難しいので

 設計事務所へ依頼をしたりします。そこまでの計画になるとリーズナブル?とは言えな

 いと思います。


②TVCMでよく見るハウスメーカー

 規格の商品を使って建てる建物は、性能・劣化・耐震は実験によって検証されているの

 で、安心です。ただ、無垢材の~にしたい珪藻土塗りの~にしたい。という要望に対し

 ては、規格に入っているものであればそれなりのお値段ですが、規格を外れるとなかな

 かのお値段又は使用不可となります。

 でも、実験検証は小さな会社ではできないのでその部分がすぐれていると思います。

 

③地元のハウスメーカー

 地元の工務店さんより企画力、提案力はあります。その分少しお値段高めです。

 しかし、痒い所に手が届く知識は集まります。

 設計を専門にする社員を抱えている為、デザイン力はそれなりにある事も。

 ただ、ハウスメーカーさん程キッチリ規格を決めている訳ではないとはいえ、発注する

 範囲が限られている為、複雑な注文は難しいと思われます。


④設計事務所+工務店

 設計事務所が図面を描き、工務店から見積もりを取り建築するスタイルです。

 お値段は一番高額になります。

 ただ、材料やプランの制限が無いため、本当に自由です。

 設計をする専門なので、小さくても使いやすい計画や、楽しめることは考えられるので

 規模を縮小しても良ければ、①②③との比較検討する対象になります。


⑤ローコストメーカー

 工事の使用、プランの自由度をなくすことによってコストをさげています。

 一番コストに特化しているとは思いますが、痒いところには手が届かないという問題点

 があります。

 あと、表記している金額だけでは住めないことが多く、よく検討することが必要になり

 ます。


ざっくりと、こんな感じでしょうか?

※全て高級住宅は除きます。

30回の閲覧
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon
  • Grey Pinterest Icon
  • Grey Instagram Icon
  • グレーのアイコンHouzz